ヘアピンやブローチ、ペンダントにも♡立体的なお花モチーフができました

完成されたアクセサリーではなく、セレクトシリーズのアクセサリーパーツとして、沢山販売しているモチーフの中の一つです。気高く清らかに咲く大輪の蓮の花を、その優雅さを失わずにギューッと凝縮したイメージで立体的に編み上げました。

by 手作りの温もり-作品販売

View

1.5K

値段

¥ 670

在庫数

17

新しいお花の3Dモチーフができました(^^♪

編集日時: 2016/07/03 03:49

 

   当サイトのスイレンのエコたわしを見て、お友達から紫色の蓮の花はできないでしょうかと、問合せを頂きました(^^♪

 

   昨日と今日で6色を作りましたので、今後色々な作品に展開して行きたいと思います。今の段階でも、単独なモチーフでも充分アクセサリーになりますので、いかがですかo^o^o 花弁が自然と上向きに丸まって、この状態で径が約3.5cmです。目一杯花びらを平らに伸ばしても、径が約4cmでアクセサリーにはちょうどいいサイズの花です。

 

   当サイトのネットショップのセレクトシリーズの中からお好みのレースチェーンをセットに、優雅な蓮の花のペンダントにしても良し、ピアスやイヤリングにしても良し、ヘアピンやストラップ、チャームとしても映えますね。我が家ではガラスの皿に水を少々垂らして、このモチーフ(防水処理済み)を浮かばせて、ディスプレイしています。昨日と今日は梅雨時期にも関わらず、35℃以上の猛暑日となり、テーブルセンターにディスプレイしていると、涼しげな感じがして、とっても癒されました。

 

   みなさんもぜひ色々トライして、蓮の花モチーフを活用してみて下さい(*^-^*)

 

   蓮の花は仏教的なイメージがありますが、実はこのお花、最古はツタンカーメンが色々な装飾として使っていたのが始まりです。雅な大輪の花を咲かせ、清らかで気品があり、人々に好かれる花の一つです。不思議な事にドロドロの泥の中で育つと大輪な花を咲かせるのに、綺麗な真水では小さな花しか咲きません。泥を栄養にしているんですね~仏教ではこの花の性質から、人間が苦労すればするほど経験を積み重ね実を結ぶと揶揄しています。

 

   できた蓮の花モチーフは、リクエストを頂いたお友達に画像を送った後の第一声は、「かっわいい~♪」との事でした^o^気に入ってもらえて、作者はとっても嬉しい~^^

 

新しいお花の3Dモチーフができました(^^♪

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします