出産祝や雅号俳号の記念などに、お名前をデザインした篆刻を。

「小谷由果篆刻書工房」では、篆刻と書の作品をオーダー制作しております。 オーダー内容にあわせて、オリジナルデザインで制作する「デザイン篆刻」や「デザイン書」をご提案しています。 今回はその中でも「デザイン篆刻」をご紹介。

by 小谷由果篆刻書工房

View

4.3K

値段

在庫数

出産祝や雅号俳号の記念などに、お名前をデザインした篆刻を。

編集日時: 2018/03/06 16:31

突然ですが、あなたはご自身の「お名前」の由来をご存知ですか?

 


あなたが生まれた時に一番最初に贈られる、想いのこもったギフトが「お名前」。

その由来を聞いてみると、きっとご自身のお名前にさらに愛着が湧くはず。

 


また、本名とは別に、芸術をされる方などは、雅号や俳号などの別名、「号」を持たれる方も。

師からいただいたり、ご自身で好きな字をつけたり。

 


本名も、雅号俳号も、オリジナリティのある、とても大切なものです。

 


せっかくの素敵なお名前を、世界にひとつだけの「デザイン篆刻」にして楽しみませんか?

 

「デザイン篆刻」は、通常の印に使われる篆書という書体だけでなく、

お名前に込められた意味や、そのお名前を持たれる方の好きなものごとなど特徴からイメージした、

オリジナルデザインの字で一つ一つ丁寧に彫らせていただく印です。

 

 

 

 

書道や水墨画、日本画など芸術をされる方の作品に押す「雅号印」

俳句をされる方の作品や句集、お礼状に押す「俳号印」

また本名でも、お手紙やメモ、お気に入りの文房具や雑貨などに「マイロゴ」として押しても、

より一層愛着が湧くことでしょう。

 

 

 

 

こちらは、小谷由果の「由」の字を林檎にしたデザイン篆刻。

両親が長野出身で、わたしが産まれた時、祖母が林檎の摘果の時期で忙しい中、

母の手伝いに来てくれたことが、母子手帳の命名エピソードに書いてあったので、

「果」の意味を林檎とし、「由」の字にデザインしました。

 

 

こちらは、春菜さんの「」。

お名前の由来は「春に咲く、菜の花のようにまっすぐに」とうかがい、そこからイメージしました。

 

 

こちらは、水墨画の先生をされている古川玲秀さんの雅号印「」。

尊敬されている作庭家の重森三玲氏から玲の字を、秀は本名からつけられた雅号だそう。

秀は稲穂が秀でるという意から「ホ」と読むと伺ってイメージしました。

琳派の花がお好きで、花をよく描かれるそうなので、メインの花を引き立てつつ、植物どうしで馴染むようなデザインに。

 

 

こちらは風彦さんの俳号印「」。

風彦さんが初めての句会で出された句が、「木の芽風」の季題だったとお伺いして、そこからイメージしました。

 

それぞれの方ならではのデザイン、

世界に一つだけのオリジナルです。

 

あなただけの「デザイン篆刻」のオーダーを、お待ちしております。

 

小谷由果篆刻書工房の教室やワークショップも開催しますので、ぜひご参加ください。

小谷由果ホームページ

https://www.cotaniyuca.com/

 

出産祝や雅号俳号の記念などに、お名前をデザインした篆刻を。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします