メールのあの表現をアクセサリーに!?ティアドロップ型のちょっと変わったピアス

洒落で作ってみました。 ティアドロップ型で、イヤリング自体のシルエットはとても良いと思います。 たまに身につけると良いのではないでしょうか。 無口な人も「あの人って、お茶目なところがあるのね」と思われるかもしれません。 思われないかもしれません。

by COSMOS(コスモス)

View

930

値段

在庫数

メールのあの表現をアクセサリーにしてみました

編集日時: 2016/12/26 16:04

 

LINEやFACEBOOKのような次世代のSNSが台頭し、

このような表現を使う人は少なくなってきているとは思います。

 

 

それを説明するのはとても簡単です。

スタンプや絵文字の方が圧倒的に素早く、

且つ多様に表現できるからです。

バリエーションが多いですからね。

 

 

わたしはスタンプは使ったことがありません。

頑なにではなく、

気心知れた中の友人との間に

そこまで意思の疎通が取れないこともありません。

わたしからすれば、スタンプを送ること自体が「わざわざ」なのです。

 

聞くところによると、

仕事関係の間でもLINEでやり取りするといいます。

確かにグループ分けできることから便利ではありますが、

そこでスタンプを送り合うというのでしょうか。

リアル世界だけでも大変だというのに。

お疲れ様です。

 

 

Kiss and Cryとしたのは

ただの洒落です。

みなまで言わんと、でしょうが一応。

 

メールの表現の方が良いとか悪いとか、

そういうことを申し上げたいのはありません。
 

これを身に着けていたらウケるでしょう。

暫くしたらスベってる感じになるでしょう。

もとい、そんなに毎日、愛用するようなものでもないと思いますが。

たまにぐらいが、

ちょうどいいんじゃないでしょうか。

メールのあの表現をアクセサリーにしてみました

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします