あなたはどっち派? 炭素鋼? ステンレス鋼?? 素材によってこんなに違うんです 包丁の鋼材のお勉強

よく切れ・よく粘り・耐摩耗性が良く・サビに強い要素が必要になるのですが、それぞれの要素は相反する要素なのでどれもこれも満たせません。 結局この3つの関係の丁度良いところで目的に合わせてハガネを選択することのなります。

by ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora

View

846

値段

¥ 2,300

在庫数

4

あなたはどっち派? 炭素鋼? ステンレス鋼?? 素材によってこんなに違うんです 包丁の鋼材のお勉強

編集日時: 2020/04/29 18:27

包丁の刃に使われているハガネですが、

一般にハガネと言っても多くの種類があります。


大きく分けると、鉄鉱石・砂鉄から製鉄した鉄に

炭素を加えて鍛えていく炭素鋼と、その炭素鋼に

クロムを加えて錆に強くしたステンレス鋼に分かれます。


鉄は炭素を多く含むほど硬くなり、切れ味・耐摩耗が

増しますが、割れやすく錆びやすくなってしまうんです。




一方、一般的にサビない金属と言われているステンレス。

クロムという素材を加えることにより鉄に粘りを与え

割れにくい性質を与える反面、炭素を受け付けなくなり

硬さを得るのが難しいという欠点があります。






当店では「7CR17MOV」というリーズナブルなお値段なのに対し

、サビにくく耐摩耗性に優れ、比較的研ぎやすく扱いやすい鋼材で

作られた包丁と、「VG10」という炭素鋼とステンレス鋼、

その両方の長所を兼ね備えた理想的な刃物鋼を使用した

2種類の包丁を扱っています。




他にも多数の商品を取り揃えています。是非ご来店ください!!

お待ちしています。☆彡



Instagram 毎日投稿してます(^^♪

あなたはどっち派? 炭素鋼? ステンレス鋼?? 素材によってこんなに違うんです 包丁の鋼材のお勉強

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします