LA発のキャンドルブランド『P.F.Candle Co.』で香りと灯りのある暮らしを。

等身大デザイナーが作り出す、個性溢れる香りが特徴。LA発のキャンドルブランド『P.F.Candle Co』で、灯りと香りのある暮らしを。

by circleline

View

3.8K

値段

在庫数

LA発のキャンドルブランド『P.F.Candle Co.』で香りと灯りのある暮らしを。

編集日時: 2017/02/24 11:29

 

P.F.Candle Co. について

クリスティンとトーマス夫婦が運営するLA発の『P.F.Candle Co.』は、デザイナーが作り出す個性豊かな香りと、シンプルなアンバーグラスが特徴のフレグランスブランドです。

その品質、香り、ストーリーが共感を生み、現在アメリカの高感度なライフスタイルショップやセレクトショップから支持を集めています。

 

デザイナーのクリスティンが手掛ける香りは、彼女たち自身のライフスタイルの中から生み出されます。
旅をした時の記憶や、週末を過ごした郊外のコテージでの時間、トレッキングをしながら摘んだ自生の植物の香りなど、非常にパーソナルな体験からインスピレーションを得て、オリジナルの香りを調合しています。

そのデザイン、品質には、キャンドルは「affordable luxury = 手の届く贅沢」であるべきという彼らの信念が貫かれています。粗野で、ダイナミックな香りとアンバーグラスが、カリフォルニアらしい存在感を放ちます。

 

 

また、彼らは生産を伸ばしている今でも、ローカルのクラフトマーケットにブースを出し、顧客と会話し、笑顔で見送ります。それは彼らがローカルを、そこに根付くコミュニティを何よりも大切にしている証拠です。

静かに作業が進められるスタジオの中で、時折ふたりが冗談を交わし、スタッフもつられて笑顔になり、そしてまた作業に戻る。窓から差し込むLAの柔らかな光の中、自然体な彼らの風景を眺めていると、ここにはゆっくりとした彼らの時間が流れていると感じました。

ソイワックスと香りに詰められた、そんな彼らのリラックスした空気と、インディペンデントなライフスタイルが伝わることを願っています。

 

 

7.2oz ソイワックス・キャンドルの特徴

アメリカ産のソイワックス(大豆由来)を100%使用し、そこにフレグランスオイルを調合し香りを生み出しています。

融点(溶ける温度)が低いソイワックスは、芯に火りを灯すとその熱で、表面全体がトロトロに溶けます。そのため表面全体から柔らかく香りが放散していきます。

 

また芯には鉛フリーのコットンウィックを使用しているため、お部屋の空気も汚しにくいとされています。

芯を約5mm程度にカットしてから火を灯して頂くと、ススもほとんど発生しません。また7.2ozの燃焼時間は約50時間です。

 

 

11 AMBER&MOSS の香り

現在アメリカ同様、日本でも人気が高いのがこの [ 11 AMBER&MOSS ] です。

アンバーとモスの香りをベースに、ラベンダー、セージとオレンジのエッセンシャルオイルでより豊かな香りに調合しています。

 

この他に人気の香りは、10 SWEET GRAPEFRUIT / 16 NEROLI&EUCALYPTUS / 21 GOLDEN COAST などがございます。

また男性的でスモーキーな香りで、女性ファンが以外に多いのが 04 TEAKWOOD&TOBACCOです。

 

 

 

キャンドルのある暮らし

アメリカの住環境では、日本のように蛍光灯はあまり目にしません。

その代わりに間接照明や、キャンドルの灯りを使い家族との大切な時間を過ごします。

 

テレビやスマートフォンがある生活は、確かに快適で楽しいものですが、

同時に家族とのコミュニケーションや時間の速度、人間が本来五感で感じてきた「夜」というものの存在を忘れがちになります。

 

時には食事の後に蛍光灯の灯りを落とし、キャンドルを灯し家族との時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

きっと、ゆったりと流れる時間を、大切な人たちとともに楽しむことが出来るはずです。

 

==============

弊社は『P.F.Candle Co.』の国内代理店事業を行っております。

ブランド情報、香りのリストなどは弊社HPからもご覧頂けます。>>> サイトへ移動

LA発のキャンドルブランド『P.F.Candle Co.』で香りと灯りのある暮らしを。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします