使い方は自由♪『カルペ ディエム ジャーナル』に今日という日を書き込もう!

カルペ・ディエムの「カルペ(摘め)」はローマ時代には花を対象に使われる言葉でした。 詩人ホラティウスは、花の代わりに“今日”を意味する名詞「ディエム」を詩に用いました。このことからホラティウスは“今日”という日を花摘みに例え、その限りある時間を有意義に生きよ、と伝えたかったと言われています。

by chronicle03

View

922

値段

在庫数

今日という日を書き込む!『カルペ ディエム ジャーナル』

編集日時: 2016/08/26 16:39

 

今回ご紹介するのは、こちらの『カルペ ディエム ジャーナル』

 

商品名であるCarpe Diemとはラテン語で、「その日を摘め」という意味です。 英語では seize the day=その日をつかめ

詩人ホラティウスの歌集やアメリカ映画「いまを生きる」に出てくる有名な言葉です。

 

イラストはフィラデルフィア拠点のフリーランス、メアリー・ケイト・マクデビットのもの。

このカラフルなジャーナルの中には、予定や自身の思いや夢を書き込めるページが満載!

普通にノートとして使っても、またメッセージに従って思いを書き込んでみてもGood♪

 

高級感のある紙製ハードカバー仕様でしっかりとした作りになっています。

表紙や背表紙の金文字が印象強く、引き立ちます。

サイズ(H×W×D) 18.5×13.2×1.5cm

 

“今という時を大切に” とても楽しめる一冊です。

 

 

今日という日を書き込む!『カルペ ディエム ジャーナル』

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 使い方は自由♪『カルペ ディエム ジャーナル』に今日という日を書き込もう!