体を温めるお茶をたっぷりわかす。毎朝の楽しみです

体に優しい「まきびのばんちゃ」(三年番茶)。低カフェイン・無農薬・無施肥で、安心して赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃんまでが楽しめる日常茶です。やかんで煎じてつくるこのお茶の、特徴や製法をご紹介しています。

by にほんちゃギャラリーおかむら

View

1.8K

値段

在庫数

体を温めるお茶を、たっぷりわかす。毎朝の楽しみです。

編集日時: 2017/06/20 21:30

こんにちは。

「暮らしに添える日本茶」をテーマに、毎日飲んでも飽きのこない普段使いのお茶を取り扱っている

『にほんちゃギャラリーおかむら』です。

 

もうすぐ夏が本番を迎えますね。冬よりもむしろ、冷房や冷たい飲み物の影響で

体の冷えている方が多い夏だからこそ、体を温めてくれる「まきびのばんちゃ」をご紹介します。

妊婦さんや赤ちゃんにも、おすすめですよ。

 

 

 

/// 「まきびのばんちゃ」のユニークなところ ///

 

このお茶は、いわゆる「三年番茶」。こんな特徴があります。

 

 ✔ 農薬と肥料を使用しない自然栽培のお茶

 ✔ 茶樹にカフェインが少ない冬季にだけ製造

 ✔ 最低3年は一切刈り取らず、養分を蓄えた茶樹を枝ごと使用

 ✔ ガスではなく薪火だけを使ってお茶を焙煎

 ✔ 1リットルの湯に対して、茶葉はたったの5グラムで十分

 

通常は、摘み取ってから飲むまでの間に茶葉を洗うことはありません。

子どもからお年寄りまで誰もが楽しめるお茶だからこそ、農薬フリーのお茶をおすすめします。

 

また、特に妊婦さんや小さな子どものいるご家庭だと、カフェインが気になるのではないでしょうか。

このお茶は、お茶の樹からカフェインが極めて少なくなる冬季にだけ製造されているので

刺激も少なく皆で気軽に親しめる日常茶です。

 

/// 「まきびのばんちゃ」の飲み方 ///

 

お湯1リットルをやかんや土瓶で沸騰させます。

→ とろ火にして茶葉5グラム(大さじ軽く1杯)を入れます。

→ 15分煎じたら完成。茶葉は入れたままでも決して苦味が出ないので安心です。

 

 

 

/// 「まきびのばんちゃ」が出来るまで ///

 

 

 

3年以上刈り取らないお茶だけを使います。

お茶というと、人の腰の高さの樹を思い浮かべるかもしれませんが…

「まきびのばんちゃ」で使う樹はもっと大きく育った、1mはゆうに超えるようなものばかり!

枝の部分もすべて使用して茶樹まるごと頂くのです。

 

 

葉と枝を裁断してから、別々に薪火でじっくり焙煎。

必要とする炎の温度により使う薪の種類を変える、絶妙なコントロールが求められます。

 

実は、一度焙煎したら終わりではありません。

このお茶は焙煎したのち半年間寝かせて熟成させ、出荷前にもう一度薪火で焙煎する手間のかかるお茶なのです。

 

 

できたての「まきびのばんちゃ」をふうふう言いながら飲むと、

焙煎の炎がそのままお茶に宿っているかのような香味を楽しむことが出来ます。

ぽっとお腹が温まりはじめ、やがて全身に穏やかに温もりが広がっていくのを感じますよ。

 

 

こちらが、このお茶を手掛けている阿部さん。

三年番茶だけでなく、環境や体への負荷に注意を払った優しいお茶づくりを追求する孤高の茶師です。

 

/// お茶の楽しみに、難しいことは何もありません ///

 

簡単に「まきびのばんちゃ」(三年番茶)についてご紹介しました。

ぜひ毎日の日常茶としてこのお茶を楽しんでいただければ幸いです。

 

毎朝起きたらまずはやかんでお湯をわかし、このお茶を煎じる。

出先に持っていくこともできるし、ごはんのときに温め直して楽しんでも大丈夫です。

 

お茶は難しいものというイメージが強いのですが…本当はそんなことはありません。

気軽に楽しめる暮らしのお茶、どうぞご家族のゆったりした時間のために

取り入れてみられてはいかがでしょうか。

 

体を温めるお茶を、たっぷりわかす。毎朝の楽しみです。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします