【楽曲について】「荒削りなロックサウンド。初めて制作した楽曲。」

ceaseless stuntの楽曲「RAG」の魅力について、制作者本人が語る。荒削りなサウンド、楽器の構成について深くまでお届けする。

by ceaseless stunt ONLINE STORE

View

204

値段

¥ 250

在庫数

100 ~

【楽曲について】「荒削りなロックサウンド。初めて制作した楽曲。」

編集日時: 2019/06/16 13:08

どうも、ceaseless stuntのDeikoと申します。

今回は、ceaseless stuntで初めて制作した楽曲についてお話します。


▼ はじめに

ceaseless stuntの楽曲はセルフレコーディングで録音されています。

5人のメンバー以外は関わっておりません!これが一番の特徴です!

セルフレコーディングについてはこちら


▼ 聴きながらポイントをチェック!


 まず、イントロのギターが幻想的な世界を作っています。ceaseless stuntでは、ギターに明らかなエフェクトをかけることは珍しいので、この曲の特徴だと言えます。その途中からドラムが入ってくることで、音が目の前に現れるような感覚を作っています。

 次に、リフレイン(繰り返し出てくるフレーズ)ですが、こちらはマシンガンのバースト射撃のリズムをイメージして作りました。

 そして、2番のAメロではハーフビートになり、ベースがスラップという奏法を披露してます。ceaseless stuntでは、スラップを使うことは珍しいので、この曲の特徴だと言えます。

 また、2番後のBメロでは、ギターのエフェクトとボーカルのエフェクトが重なり合って異次元な雰囲気を醸し出しています。その後のギターソロでは、小節を無視するような大胆なアレンジが施されています。

 「RAG」はBPM204という高速曲ですが、速い中にゆったりとした空気を含ませた曲となっています。荒削りな音がロックを感じさせると思います。


▼ こんな人にオススメ!

ロックが好き!

BPMが速い曲が聴きたい!

マイナーな音楽を聴きたい!

一風変わったレコーディング・ミキシングをした音源を聴きたい!

ceaseless stuntが好き!


▼ 最後に

 この記事を見ることで「RAG」という曲をより深く知っていただけたと思います。気に入っていただけた方は、是非、お買い求めください。

https://ceaselesss.official.ec/items/19940263

【楽曲について】「荒削りなロックサウンド。初めて制作した楽曲。」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします