魂が記憶する懐かしき風景「芒種の頃」和柄の強化ガラススマホケースです。

Masayosi Mizuhoが描く和柄デザイン「芒種の頃」強化ガラススマホケースの紹介です。

by スマホケース iPhoneケース 携帯ケース ケースガーデン

View

165

値段

¥ 3,800

在庫数

100 ~

魂が記憶する懐かしき風景「芒種の頃」和柄の強化ガラススマホケースです。

編集日時: 2019/06/14 17:59


これぞ日本人の原風景!「芒種の頃」和柄の強化ガラススマホケース


ゴールデンウィークが終わってから、しばらくして。

写真でしか見たことのないじいちゃんの法事のために、田舎のばあちゃんの家にやってきた。


昼過ぎに問題の法事がおわり、家に帰るまでの間。

ばあちゃんちの隣に住む、よっつ年下のリョウタと近所にある棚田とやらへ出かけた。

「棚田、かぁ。教科書でよくあるアレだろ?」

「そうなの? このあたりじゃふつーだよ。オタマジャクシとかメダカとかいっぱいいるんだ」

「へぇ」


てきとーに話しながら山道を歩いていくと。

唐突に視界が開けた、目の前に。

碧い、碧い、大蒼穹が映された棚田が広がっていた。


大口を開けてその光景を眺めていると、空にまで届きそうな屈託のない声が聞こえてきた。

リョウタだ。年下のくせに。

すこしバツが悪くなると同時に、イライラしてしまう。

が、目の前に広がる風景を見ていると。

恥ずかしいとかイライラとか、余計なものが吹き飛んでしまっていることに気が付いた。

そうしていつの間にか、オレもリョウタと一緒になって笑っていた。


それからオレとリョウタは、夕方になるまでオタマジャクシやらメダカやらを捕まえた。


六月六日、芒種の頃。

オレはこの日を一生、忘れないだろう。


Masayosi Mizuhoが描く和柄のデザイン「芒種の頃」は強化ガラススマホケースです。

トップに挙げているのはスクエア型の強化ガラススマホケースです。


こちらはラウンド型の強化ガラススマホケース。


どちらも胸の奥が突き抜けるような郷愁感を誘うスマホケースですね。

強化ガラスの艶やかさが、このデザインの良さを損なわないからこそだと言えるでしょう。


柔らかで格調高い筆致のMasayosi Mizuhoが描く和柄デザイン強化ガラススマホケース。

ご愛用のスマホに着せてあげてみませんか?

魂が記憶する懐かしき風景「芒種の頃」和柄の強化ガラススマホケースです。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします