特徴的なフォルムが魅力!ラワン合板で作ったベンチテーブル

暮らしの道具としての「ベンチ」。 当店が製作したら、このような形になりました。

by biro woodworking

View

145

値段

¥ 13,000

在庫数

3

暮らしに欠かせない道具になったベンチ。あなたもインテリアに取り入れてみませんか。

編集日時: 2018/07/06 18:31

「ベンチ」と聞くと、公園や駅、商業施設など人の集まる場所に置いてあるものを想像しますよね。

しかし、家の中でも「ベンチ」を使っている方が増えてきているんです。

ダイニングチェアーの代わりに使ってみたり、玄関に置いて腰かけに使ってみたり、ディスプレイ棚として使ってみたり。

おしゃれに暮らしている人の家には、「ベンチ」置いてありますよね。探してみてください。

そんな、暮らしに欠かせない道具の一つとなった「ベンチ」を今回、新たに製作しました。

 

 

 

 

18mm厚のラワン合板(ランバーコア)を使い、製作しました。

一般的なベンチは、奥行が300mmぐらいですが、今回製作したものは、奥行が400mmあるので、ゆったりと腰かける事が出来ます。

奥行を広く製作した事で、ローテーブルとして使う事も出来るようになりました。

一見ベンチに見えない特徴的なフォルムのおかげで、シンプルだけど個性も生まれました。

わずかですが、収納部分も設けたので、活用の幅が広がりますね。

 

 

 

 

他にも、テレビ台としても使えそうですし、もっと個性的な使い方も出来るかも・・・

暮らしの道具としての「ベンチ」。あなたなら、どのように使いますか?

 

biro woodworkinngはこれからも、合板を使ってシンプルだけど個性が出るような家具を製作していきます。

ハンドメイドにより製作しているので、可能な限りのサイズオーダーにも対応しています。お気軽にご相談ください。

 

 

暮らしに欠かせない道具になったベンチ。あなたもインテリアに取り入れてみませんか。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします