ヨーロッパの、古き良きグラスウェアを辿る旅。フランス最古のガラスメーカー『La Rochere』

ヨーロッパの伝統のあるグラスウェアカンパニーの商品をvol.1~vol.3まで紹介していきます。 今回はフランス最古のガラスメーカー「La Rochere」をご紹介しています。

by biba & pippi

View

1.5K

値段

¥ 1,188

在庫数

8

ヨーロッパ古き良きグラスウェアを辿る旅~La Rochere France~ vol.1

編集日時: 2015/08/25 21:11



ヨーロッパ古き良きグラスウェアを辿る旅。


Vol.1 France La Rochere



La Rochere(ラ・ロシェール)は、
フランス東部の町、ラ・ロシェールに
1475年に設立されたフランス最古のガラスメーカー。

ブランド名になっているこの土地は、
ガラスの製造に必要な材料、燃料となるものが豊富にある
自然に恵まれた土地です。

1475年の設立当初、独自の技術を用いて
窓ガラスの生産をしていたのだそうです。

1636年に戦争のために一旦工場は閉鎖。

1660年に工場は再開し、
1810年よりテーブルウェアの開発を始めました。

1858年には新しい経営者により再興、
その後も子孫によってラ・ロシェール社を引き継いでいるのだそうです。


エレガントなデザインと丈夫なつくりが特徴の
ラ・ロシェールのグラスウェアは、
フランスのホテルやレストランでも信頼があつく使われ続けています。




足の付いたゴブレットは
ちょっぴり贅沢な気分に。




シックなグレーの色が光の加減でブラウンにみえたり、
上品で大人の雰囲気が漂います。



 使い勝手の良いサイズ感で
普段使いは勿論、来客用にも。

冷たいコーヒーやお茶から
ビールやサングリアなど幅広くお使いいただけます。



※サイズ:81×113mm (200cc)
 素材:ソーダガラス



ヨーロッパの古き良きグラスウェアを辿る旅は、
フランス ラ・ロシェールの街を出て
次はイタリアへ向かいます。。




ヨーロッパ古き良きグラスウェアを辿る旅~La Rochere France~ vol.1

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします