[馬刺し豆知識]馬刺しの脂質に含まれる不飽和脂肪酸は青魚を超える?!

美容にも健康にも良いといわれる「馬肉」には、科学的根拠があります。その根拠は馬肉の脂質に多く含まれる不飽和脂肪酸であり様々な栄養価に加え、抗炎症作用が期待されると言われています。

by 熊本馬刺し通販/『馬肉郷土料理けんぞう』店主・小島けんぞうが厳選する本当に美味い馬刺し

View

7.6K

値段

¥ 6,000

在庫数

20 ~

[馬刺し豆知識]馬刺しの脂質に含まれる不飽和脂肪酸は青魚を超える?!

編集日時: 2016/01/12 18:00


不飽和脂肪酸をご存知ですか?
オリーブオイルや青魚に多く含まれており、健康に良いとされるもので「抗炎症作用」があることが知られています。さらに血液がサラサラになったり、コレステロールが下がったりすると言われています。

その不飽和脂肪酸が「馬肉の脂質」にも多く含まれています。
そのため、馬の脂を集めた「馬油」は、火傷の治療に使ったり美容液としてお肌に塗ったりしています。
私もお店にご来店いただくお客様から「肌がツヤツヤしてますね」とよく言われます。

この抗炎症作用についても不飽和脂肪酸がなぜ効果的なのかということも最近になって少しずつですが、解明されてきているようです。
人間を構成している細胞の受容体と結合することで炎症効果を抑えているそうです。(難しいのでよくはわかりません)

とにかく馬の脂が身体に良いということが研究成果として報告されているようです。

さらには、馬の脂質に含まれる不飽和脂肪酸を薬に応用しようとしています。
特に、糖尿病のインスリン抵抗性改善に作用する薬を研究しているようです。糖尿病の方に効果が期待できる量の不飽和脂肪酸は青魚(サンマなど)に換算すると30匹近く、それも毎日食べないといけないそうです。
これは苦痛です。馬刺しだと何㎏になるんでしょう…。

馬肉の脂質に含まれる不飽和脂肪酸が薬になる。そんな日が来るとうれしく思いますし、昔から熊本の民間療法として残っている火傷治療や熱さましなどが科学的に世界に広がっていくといいなぁと思います。


不飽和脂肪酸(Wikipedia)

[馬刺し豆知識]馬刺しの脂質に含まれる不飽和脂肪酸は青魚を超える?!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします