黒豆のお菓子の原点「丹波黒納豆」

丹波黒納豆

by 丹波篠山 梅角堂オンラインBASEショップ

View

86

値段

¥ 1,100

在庫数

10

黒豆のお菓子の原点「丹波黒納豆」

編集日時: 2021/02/28 16:28

昭和56年それは始まりました



昭和56年初め 梅角堂と同じ町内(立町)にある丹波黒大豆で有名な「小田垣商店」の先代社長より当店の先代社長が
「これから丹波篠山の黒豆を広めていきたいから、これでお菓子を考えて欲しい」と頼まれ生まれたのが
黒豆の甘納豆「丹波黒納豆」です。
当時は多くメディアに取り上げられ、注文に追われていました。
とにかく手間のかかる品なんです

(一日目)一晩水に浸けてからの「割れ」の選別
じっくり水で煮る
砂糖を加え煮て、冷ます
(二日目)
熱を加え、砂糖を加え冷ます
(三日目)
熱を加え、砂糖を加えて冷ます
(四日目)
熱を加え、蜜を切って冷まし、砂糖をまぶし乾燥させる
(五日目)
余分な砂糖を取り除き、パッケージングし完成

この流れで作り上げます。温度や湿度に左右されやすくシンプルなお菓子なのにデリケートで手間のかかる品なんです。


丹波黒大豆を使ったお菓子の先駆け

その後、黒豆を使ったお菓子が数えられないくらい販売されては消え、また生まれるという時代なりましたが、この「丹波黒納豆」は頑なにその製法と味を守って今も生き続けています。
製造に時間がかかりますので予約販売になります



発売から5年後の昭和61年にはこのような名誉ある賞をいただきました。



黒豆のお菓子の原点「丹波黒納豆」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします