2019年のMVPジャケット!まるでシープスキン!大迫力のローゲージ・ダブルフェイスニット。

展示会で見たときに衝撃を受け、ココロを奪われたとびきり”上”をいくアウターのご紹介。 ニットらしくないニットをテーマとするコーヘンならではのアイテム。 これまでも数々のアイテムに「コレもニットなの!!」と驚かされてきましたが、今回は度肝を抜かれました。

by BACKSTAGE|セレクトショップ バックステージ

View

59

値段

在庫数

2019年のMVPジャケット!まるでシープスキン!大迫力のローゲージ・ダブルフェイスニット。

編集日時: 2019/12/09 21:50

ムートンのフライトジャケット着てるのかと思いきや、「ん?」「あれ?」ネイティヴアメリカン柄が見えるような?

ムートンより着やすそうだし、柔らかそうな??


ということで今回ご紹介するのは、展示会で見たときに衝撃を受け、ココロを奪われたとびきり”上”をいくアウター。



COOHEMMOUTON NATIVE JACQUARD JACKET

ブランドを代表するネイティヴアメリカン柄のアウターシリーズが今年はなんとトーンオントーンでカムバック!

まさかまさかのリアルムートンさながらのスウェードのような外見と内側の今年トレンドのボアが再現されたニットなフライトジャケット。

まるでシープスキン!な大迫力のローゲージ・ダブルフェイスニットは、同系色でさりげなく描かれたネイティヴアメリカン柄も上品ながらアクセントに。

今シーズンのCOOHEMのメインビジュアルにも起用されたブランドを代表するアイテムです。

 

素材もカラーも今年ドンピシャですが、定番的な飽きのこないアイテムなので、末ながーーーーいお付き合いで、一生大切に、そして相棒にしたいアウターです。


ニットらしくないニットをテーマとするコーヘンならではのアイテム。

これまでも数々のアイテムに「コレもニットなの!!」と驚かされてきましたが、

まさかニットでムートンのフライトジャケットを作るとは!度肝を抜かれちゃいました。


その特徴は、「軽さ」と「体へのアタリのない優しさ」そして「暖かさ」。

ユニセックスなので、女性もこの遊びゴコロお楽しみいただけちゃいます!

 

思いっきり女らしいサテンのブラウスや風になびくレーヨンのワンピースなんかとのコーデも新鮮です。

この大人の遊びゴコロを精一杯楽しめちゃう、”上”をいく逸品!

是非ぜひ手にとって体感いただきたいです!


====================

COOHEMアシスタントデザイナーの神山さんがブログでMOUTON NATIVE JACQUARD JACKETの詳しい解説をされているので、ぜひコチラも読んでみてください


以前私が、COOHEMについて書いたブログのバックナンバーはコチラから

「ニットはニット屋から買え!」山形の工場見学に行った際の様子もご覧いただけます。

2019年のMVPジャケット!まるでシープスキン!大迫力のローゲージ・ダブルフェイスニット。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします