手のひらに物語を。魔女のパン屋のお話を豆本で綴じました。

魔女のパン屋。ハンドメイドの物語豆本です。絵もイラストも全てオリジナル。本文は英語と日本語と両方書いてあります。龍のうろこや悪夢の実、恋の果実など夢あふれるパンがいろいろ出てきます。小さいけれどきちんと糸で綴じた贅沢な布張りの上製本。プレゼントにも自分へのご褒美にもぴったりの素敵な豆本です。

by あしたの手帖

View

1.2K

値段

¥ 3,200

在庫数

0

魔女のパン屋

編集日時: 2016/06/17 13:02

 

緑色の空に四つ目の月が上る頃、魔女の街には焼きたてのパンの心くすぐる良い香りが流れてきます。

この豆本はそんな魔女の街にある魔女のパン屋のパンのお話。

 

書いた魔女は魔女のパン屋の店主さん。

昔から食べることが大好きでたくさんのパンを食べ、そして焼いてきました。

美味しいパンを魔女のみんなに食べさせることが彼女の夢。

世界中の素敵な材料を求めて旅に出て、時には悪魔を怒らせたり、

パンを発酵させすぎて家中をパン生地まみれにしてみたり。

人間に変身していろんな国のパンを食べ歩いたこともあるそうです。

 

そんな魔女のパン屋のパンはとっても魅力的。

 

銀色の小麦で焼いたばちばちバゲット。

星屑の粉を仕上げにふりかけたまんまるブール。

妖精の涙ソース入りの三角パン。

観覧車の上に実る恋の果実のカスタードケーキ。

かりかりグリッシーニは悪夢の実のジャムにからめて。

 

どれもこれも私たちの世界ではお目にかかることはないけれど、

この本の中ではきっと美味しく味わえる。

 

そんな手のひらサイズの豆本です。

本文は英語と日本語両方ありますので外国の方へのプレゼントにもぴったり。

小さくてもきちんと糸で綴じ、上製本の技法で開きやすく丈夫な豆本に仕立てています。

本文は全てオリジナル。イラストもたくさんあり、絵本のように楽しめます。

表紙は型染めという着物などによく使われる技法で染めています。

一冊ずつ手作りの味わいに、布貼りの本の優しい触り心地が心を落ち着かせてくれます。

 

便利なものは便利で都合が良いけれど、

空想の中で遊んでみるのもたまには素敵。

魔女のパン屋にぜひ遊びに来てくださいね☆

 

 

 

 

魔女のパン屋

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします