もうすぐ本番!!はちみつで花粉症を“キレイ”に乗り切りましょう♪

はちみつで花粉症の予防&対策を♡

by APIKOKO(アピココ)はちみつ美容液 「アピココBEEビューティーセラム」オンラインストア

View

674

値段

在庫数

もうすぐ本番!!はちみつで花粉症を“キレイ”に乗り切りましょう♪

編集日時: 2020/05/03 10:14

こんにちは!APIKOKOです。


寒さが落ち着き、春の訪れが楽しみな季節になりましたね♪


日に日に過ごしやすくなり、今年は桜の開花も早いといわれておりますが、

そろそろ、鼻がむずむず、目のかゆみもつらい、、といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

花粉症の炎症を悪化させないためにも、今からの予防がとても大切です!

 

実は、はちみつに含まれるポリフェノール類には、花粉症のアレルギーを引き起こすヒスタミンを抑える役割があるといわれています。

また、はちみつに含まれている少量の花粉は、花粉に対する免疫力をつけてくれるので、お手軽にできる予防ケアにもぴったりのアイテムです(o˘˘o)




 

今回は、花粉症に負けない身体をつくるはちみつケアをご紹介させていただきます♪

 

はちみつ入浴で新陳代謝UP!

“冷えは万病の元”といわれるように、冷え症の方ほど、免疫力が弱く花粉症になりやすいといわれています。

体温が1度下がると、免疫力が30%下がるという研究結果からも明らかで、

花粉症予防には何よりも身体を温めることが大切です。

身体を温める生姜や発酵食品などの食材を積極的に取り入れることはもちろんですが、

普段、シャワーで済ませがちな方は湯船にしっかり浸かることを心がけましょう!

はちみつを入浴剤として湯船に入れていただき、身体をマッサージしていただくと、

血行を促進して冷え症の改善にも繋がります。

新陳代謝UPだけではなく、はちみつがお肌に浸透し、同時に保湿までできてしまうので一石二鳥ですね☆

 

はちみつ洗顔でかゆみしらずの潤い肌へ

スギ花粉の飛散量が多い2月~4月のお肌は、乾燥でバリア機能が低下し、

外からの刺激を受けやすくなっています。

顔がひりひりしたり、赤みが出てしまう方も多いのではないでしょうか。

かゆくなってしまっても、ゴシゴシ洗顔はお肌の大敵!

いつもの洗顔料にはちみつを加えて、優しくはちみつ洗顔をしてください☆

泡立てネットを使ってふわふわの泡をつくることがポイントです。

お肌に潤いが生まれて、赤みが引き、かゆみが和らぎます♪

入浴後の化粧水や乳液にはちみつを混ぜて塗っていただくと、さらに保湿効果がUPするのでお試しください。

 

むずむず鼻もはちみつでスッキリ♪

外出先から帰ってきたら、はちみつ鼻洗浄もおすすめです。

綿棒を水で濡らし、少量のはちみつをつけて粘膜に塗ります。

その後、優しく鼻をかんでいただくと花粉を取り除くことができ、

体内に溜め込まないので悪化を防ぐことに繋がります。

花粉症本番の時期でも炎症を抑えることができるので、今からの心掛けが大切です☆

 

花粉症になってしまうと、お肌がかゆくなってメイクも上手にいかず気分が上がらない、、

なんてことになってしまいます(>_<)

そのような状況にならないためにも早めの予防&対策を心がけましょう♪


-APIKOKOショッピングサイト-

各サイトにてラインナップが異なります。

〇アピココ公式HPhttp://apikoko.com/

〇カラーミーURLhttp://apikoko-honey.shop-pro.jp/

〇ベイス店URLhttp://apikoko.theshop.jp/

〇ヤフーショッピング店URLhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/apikoko-store/

もうすぐ本番!!はちみつで花粉症を“キレイ”に乗り切りましょう♪

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします