世界初!?新しい形の“置き型ステンドグラス”を提案する、ニューショップ「ALPHABETGLASS」

玄関やお部屋のインテリア カフェやバー、レストランのオブジェ 店舗用の看板やホテルロビーのウェルカムサイン 結婚式の装飾アイテム テレビやCM、雑誌等の撮影用の美術 etc... 様々な用途でご利用いただけるステンドグラスをご紹介します。 文字を並べて、会社名やお名前、メッセージ等にもご活用いただけます。

by ALPHABETGLASS @The Tokyo Stained Glass Studio

View

65

値段

¥ 7,400

在庫数

11

世界初!?新しい形の“置き型ステンドグラス”を打ち出す、ニューショップ「ALPHABETGLASS」

編集日時: 2019/02/18 14:48

みなさま、日本のステンドグラス事情をご存知でしょうか?


先日「マツコの知らない世界」で取り上げられたように、ステンドグラスは明治27年に日本で初めて製作されて以降、未だにマニアックな世界であり、当時の印象のまま世間に定着しています。

街中でみるステンドグラスは、美しいですがどこか古臭くて、似通ったデザインのものが多く存在します。

もっと今の時代のインテリアに馴染むスタイリッシュで目新しいデザインが作れないか

そして高級志向の概念をぬぐい去る、身近で気軽なステンドグラスを作れないか

そんな想いで試行錯誤をして生まれたのが、私たち「アルファベットグラス」の商品です。



私たちの改新的な試みは3つあります。

1.ステンドグラスでアルファベットオブジェを作ったこと

飲食店やアパレルショップのインテリアによく見かけるアルファベットオブジェ。

木材やアクリルは定番となりましたが、ステンドグラスはまだ目にしたことはありません。

ステンドグラスの構造上、単独で文字を立たせることが困難であったからかもしれません。

立体的な構造ではなく、ステンドグラスの透明性や光源性を保ったまま、アルファベットオブジェをデザインしました。



2.ケイムを土台に使い置き型ステンドグラスを作ったこと

ステンドグラスの補強材として使われる“ケイム”。主に鉛を原材料にしていて、本来はガラスを縁取るための材料です。

既存の用途とは異なるアイディアで、ケイムを土台に使用することで、置き型ステンドグラスの技法にたどり着きました。

これまでの、窓枠や木枠にはめ込んだり、チェーンで壁にぶら下げたり、ランプシェードにしたり、といった在り方から、

一つ新しいステンドグラスの在り方が生まれました。




3.買い手によってカスタマイズできること

オーダーメイドのステンドグラスは敷居が高く、高級なイメージです。

かといって販売しているステンドグラスには好みのデザインが見つからない、そんなニーズにお応えして、

私たちの商品は、文字の並べ方や色の配色を自由自在にカスタマイズできるようにしました。

自分だけのオリジナル商品を気軽にオーダーできることで、より愛着が湧くのではないでしょうか。




最近ではステンドグラスの老舗問屋が閉店し、ステンドグラス業界の未来は暗いとまで言われていますが、

これからの時代を担っていく世代の私たちとしては、ステンドグラスの文化をもっと盛り上げていきたい、

という真摯な願いで、この度新しくショップをオープンいたしました。


これからも革新的なアイディアのもと、多くのステンドグラス作品を製作していきたいと思います。

ご興味をもっていただけたら、ぜひフォローしていただけると嬉しいです。


世界初!?新しい形の“置き型ステンドグラス”を打ち出す、ニューショップ「ALPHABETGLASS」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします