コインの出し入れを極限まで追求した「本革手縫いコインケース」

コインの出し入れを極限まで追求した「本革手縫いコインケース」を作るきっかけを書きました。

by Leather Craft あき庵 手縫いの本革小物ショプ

View

313

値段

¥ 3,000

在庫数

1

コインの出し入れを極限まで追求した「本革手縫いコインケース」

編集日時: 2018/07/30 20:48

2018年7月27日、「Leather Craft あき庵」を開店しました。その初めての商品、「本革手縫いコインケース」をご紹介します。

まず、外見はこんな感じです。どちらかと言うと、若い方が持ちたくなるようなデザインだと思います。

 

黒の牛ヌメ革に、丈夫な白のポリエステル糸を使って、一針一針丁寧に縫い上げました。アクセントにコンチョを使っています。

この作品、「極限までコインの出し入れを追求した」理由は、内側を見ていただくと分かります。

ご覧の通り、内側には仕切りやカードポケットが全くありません。

これは僕の技術がまだまだと言う理由もありますが、内側に仕切り兼カードポケットのついた市販のコインケースだったり、それをモデルに自作したコインケースを使ってみて、僕はこう思いました。

「もっとマチが広いか、この仕切りが無ければ小銭も見やすいし、何より指が太めの僕が小銭を取り出しやすい!」

そこで思い切って、中仕切りを取っ払いました。ついでにマチも広めに取ってみました。

すると、思っていた以上に中が見やすくて、小銭も取り出しやすいものが出来上がりました。出来上がった作品を妻に見せると「仕切りとかカード入れとか無いんだね…」と言われましたが、それでいいんです!最初から、そのつもりで作ったんです!!

余計な仕切りがない分、小銭はたくさん入ります。小銭が増えてもマチが広いので見やすく取り出しやすくなってます。

でも、中仕切りやカードポケットがないからと言って、カード類が入らない訳ではありません。サイズ的にはクレジットカードやキャッシュカードなどが入るだけのサイズになっています。

専用のカードポケットがないだけで、こんな風にカードを入れることは十分可能で、全く邪魔になりません。「ちょっとコンビニまで」とか、「散歩に行くのに大きな財布は持ちたくないけど、ジュースくらいは買いたい」と言う時に、持ち歩くには丁度いいサイズだと思います。

そしてもう一つ、中仕切りがないからこそできる提案があります。それは、「薬や小物」の持ち歩きや保管に使えると言うことです!!

マチを広くとっているので、旅先へ錠剤やカプセルのお薬を持って行くときにも使えます。内張りはソフトなので、指輪など傷をつけたくないものの保管にも適しています。

レザークラフトを始めてから、まだ1年余りです。それまでは趣味の範疇で、自分が必要なものや家族のリクエストに応えてきました。でも、今回作った「コインの出し入れを極限まで追求した、本革手縫いコインケース」はちょっと違います。

販売が前提だった訳じゃないですが、「自分以外の誰かに使ってほしい!!」と言う思いがありました。家族や身内でもいいですが、できれば「身内じゃない人に使ってほしい」と思っていました。

今回、ショップを開店しようと思ったのも、この「コインケース」があったからです。

まだまだ勉強中・修行中の身ではありますが、今後ともよろしくお願いします。

 
コインの出し入れを極限まで追求した「本革手縫いコインケース」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします