世界で注目を浴びる覆面アーティスト「バンクシー」のTシャツ

覆面のグラフィティアーティスト「バンクシー」のTシャツ

by 名古屋市 アートと輸入古着専門ショップ After Dark

View

247

値段

¥ 4,800

在庫数

1

社会風刺的グラフィティアーティスト バンクシー

編集日時: 2018/06/01 13:09

 

 著名な人物や美術作品などを風刺的に取り入れ、ステンシル(型染め)やスプレーによって壁に描かれた作品はご存知の方も多いのではないでしょうか。イギリスを中心に活動するバンクシーは、生年月日やそのプロフィールに謎が多い覆面グラフィティアーティストです。その作品の多くは反資本主義や反権力、人種問題、戦争などの政治色が強いもので、世界各地でゲリラ的に創作活動を行っていることから、賛否両論多くの話題を呼んでいます。その一方では、単なる落書きを超越した完成度が高い作品を生み出し続けていることにより、国や自治体によって作品の保存活動が行われたり、著名オークションにて高額で取引されたりするなど、公の芸術分野においても高い評価を得ています。

 

 

 

 こちらはバンクシーの有名な作品の1つである『Mona Lisa with Bazooka』 がプリントされたTシャツです。2007~2008年辺りに西ロンドン地区に描かれたもので、ロケットランチャーという強靭な武器を抱えたモナリザの微笑には、一体何が隠されているのでしょうか。シリアスな問題に対して風刺的なユーモアを取り入れる作風は、見る人によっても異なる印象を与えます。

 

 

 

 ベースとなるTシャツは、40年以上の歴史を持つアメリカ・カリフォルニア州のAlstyle Apparel & Activewear(通称Triple A)です。ステッチ部分を始めプリント加工にも適するしっかりとした作りが特徴で、バンクシーの作品も比較的厚めにプリントされています。アメリカサイズのMですが、黒と白を基調としたシンプルなデザインですので男女問わずご愛用頂けると思います。

 

 

 

 近年ではバンクシーの正体についても様々な憶測が飛び交っていますが、 明確なことは未だ明らかになっていません。ある有名ミュージシャンが最有力候補とも言われていますが、バンクシーは1人によるものなのか、それとも数名のチームなのか・・・。どちらにしても優れた才能を持ったアーティストであることに相違なく、知的で謎の多いバンクシーの動向に今後も注目です。

 

商品ページ

BASE Mag.  https://thebase.in/mag/afterdark-base-shop/2018/05/29/145052

 

 

アートと輸入古着の専門ショップーAfter Dark

 

社会風刺的グラフィティアーティスト バンクシー

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします