米軍納入生地メーカー製、実物未使用の生地を使用したサコッシュ

実際に戦場で使用されるUS 3C Desert Camoで作る、NEW JACK BOOGIEのサコッシュバッグ。

by NEW JACK BOOGIE

View

3.4K

値段

¥ 6,380

在庫数

2

US 3C Desert Camoとは

編集日時: 2016/01/19 14:07

今日はUSMC 最新MARPAT Woodland musetteについて。
※米軍納入生地メーカー製、実物未使用の生地を使用しています。


3C(カラー) デザートカモフラージュ。 米軍において、90年代初頭より採用、支給された第二世代砂漠用迷彩柄。90年代初頭は6C(カラー)(チョコチップ)と呼ばれた第一世代迷彩柄が使われていたようです。
 その次に使用されたのがこの3C Desert Camo。
 3色の柄で構成された迷彩生地。2000年代半ば迄と考えられます。
こちらが3C。

こちらが6C。



3Cは、コーヒーのしみのようにも見えるのでcoffee stainとも呼ばれています。

Cotton:100%
リップストップ織り

リップストップ織りとは、格子状に強度の高い糸や、強度が高くなる織りを入れることにより
その部分で裂けの広がりを止めるような構造になっています。
さらに通気性も良く、ジャングル、砂漠等の熱帯地域や戦闘に適しいてまさに
BDU(戦闘服)への使用目的に米軍で開発された生地なのです。


糸はMil.spec、又はMil.spec復刻の物を使用。

Hook & Loop Fastener(マジックテープ)もMil. Spec.のもの。米軍が1960年代より各種の軍衣料、装備類への使用が始められ、フライト衣料、野戦服等に使用するパッチなどに採用されている。

タグに使用している生地は防護服などで使われているタイベックシートを使っています。

また、米軍納入生地は米軍に納入されたものであり、若干のプリントのズレ・擦れ等が混入する可能性の
あります事を予めのご容赦ご了解お願い申し上げます。



私もとても好きな生地なのですが、再入荷未定。。悲しい。

残り極少数なので気になる方はお急ぎ下さい。





US 3C Desert Camoとは

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします