天然のウニの殻をそのまま使用。色合いの変化がきれいなウニランプ

天然のウニの殻を、そのまま使ったウニランプです。ウニの殻?と聞き返されることもしばしば。普段は気に留めることもなく、食べる時にパリっと壊してしまう殻を綺麗に取り出すとこんなに不思議な形をしています。

by NA function

View

5.3K

値段

¥ 2,800

在庫数

0

ウニランプのバリエーションが増えました。

編集日時: 2016/07/29 15:15

先日、夏バージョン!ということで、販売を開始したパステルカラーウニランプの2種類に加えて

シンプルなウニランプが3種類増えました。


ウニランプ? うに?

・・・そうです。
あの、トゲトゲした海にいる黒っぽい”ウニ”です。

天然のウニの殻を、そのまま使ったウニランプです。
ウニの殻?と聞き返されることもしばしば。
普段は気に留めることも無く、
食べる時にパリっと壊してしまう殻を
綺麗に取り出すとこんなに不思議な形をしています。

着色しているわけでも、他の素材で作った形でもありません。
ウニの種類によって、色や形、模様が違っていますが
5角形を基本とした自然のフラクタル図形♪

 

このランプを初めて作っているとき。
その時に使用したランプはとても弱い灯りだったので
全然、ランプに見えず(T-T)
これは綺麗な作品にならないかも・・・と悲しい気持になりました。

ただ、途中で投げ出したくなかったので、
ランプに固定出来るようにウニを削ったりと、慣れない作業に
集中しているとあっという間に時間が経ち・・・。
周りが暗くなったのも気がつかずにいた私は
手の中に灯ったウニランプを、
ぼーっと眺めている自分に気がつきました。

コレ、なんか好き・・・♪ 

その後、博物館などの電気工作も行っているkWorxさんと
意気投合し、ウニランプを試作していくことに。


明るさを調節したり、私が思ってもいなかったデザインになったり。

ランプの色もパステルカラーになったり。

明るさの調整をしたり、1歩ずつ。

 


そして、レースで作ったような、光の通りが綺麗な紫のウニ殻を使って、
シンプルなデザインでの3種類のランプが登場しました。

1:暖色の光が揺らぐランプ。

2:白く灯るランプ。

3:カラフルな色に変化していくランプです。 数秒ごとにゆっくりと変化します。

就寝前に、ウニランプの灯りだけで過ごす時間はお勧めです♪


特別な日だけではなく、普段の日常に。
そんなひとときを過ごしてみませんか?

 

 

ウニランプのバリエーションが増えました。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします