暮らしにアートをーガラスのうつわー

ー毎日のくらし、手の届くところにアートをー 今日ご紹介するのは、KURUMIガラスの中でも珍しい、 柔らかなグリーンのガラス。 アクセサリーや小物を入れたり、ビジネスエリアにも落ち着いた印象でよく似合います。 暮らしの中で、ゆっくりとした時間を作るのは難しくても、 毎日、手の届くところにアートがあれば良いですね。

by GALLERY SHIRAKAWA

View

92

値段

¥ 3,850

在庫数

1

暮らしにアートをーガラスのうつわー

編集日時: 2020/09/24 22:16

毎日のくらし、手の届くところにアートを


涼しくなりました。

夏の日差しのようなパワフルなガラス、

秋の風のような柔らかな風合いのガラス、

ガラスの表情も様々です。


今日ご紹介するのは、KURUMIガラスの中でも珍しい、

柔らかなグリーンのガラスです。


柔らかな光と、優しいグリーンの表情は、見ているだけで癒されます。

アクセサリーを置いたり小物を入れたり、使い方は様々です。

木目とも相性が良く、ビジネスエリアにも落ち着いた印象でよく似合います。


暮らしの中で、ゆっくりとした時間を作るのは難しいですが、

毎日、手の届くところにアートがあれば良いですね。


ただいま最大20%OFFのキャンペーンを実施しております。

▶︎この作品の詳細はこちらから

▶︎その他の作品はこちらからKURUMIガラス

KURUMIガラス/ISHIKAWA KURUMI   Artist Information

最先端の板ガラスに複雑な模様を加えた独自の技法で作られるアメリカ在住、石川くるみのオリジナルガラス。
「私の作品を手に取ってくださった方が元気になってくれるように、いつも楽しい気持ちで制作しています。」
そんな作家の心が伝わってくる明るく楽しいガラス作品。なお、彼女が制作する際に使用する電力は、アメリカのブルースカイプログラム(再生可能なソーラーや風力発電による再生可能な資源を利用した電力供給を支援するプログラム)によって供給されている電力を使っています。

略歴 / Biography

女子美術大学でガラスを専攻。卒業制作作品は大学より卒業制作賞受賞、同年日本現代ガラス展に入選。翌年、渡米。自宅をアトリエに、制作を続ける。板ガラスに複雑な模様を加えた独自の技法で作られる「くるみガラス」は、アメリカ各地で個展・グループ展で活躍しており、日本では2002年神戸阪急ハーバーランドでの個展でも好評。ギャラリー白川では20年間に渡り、作品を紹介しています。



暮らしにアートをーガラスのうつわー

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします