寄せ木ルアーの苦労話

寄せ木ルアーを作る上でのちょっとした苦労話です。普通のルアーと違った苦労をしています。

by Fcube

View

84

値段

¥ 7,500

在庫数

1

寄せ木ルアーの苦労話

編集日時: 2018/08/31 16:32

 

おはようございます。

Fcube」の たもさん です。

 

寄せ木のルアーを作ってます。

木の持つ暖かさ、温もり、風合いなどを上手く表現出来たらいいなと思っています。

 

 

今更なのですが、何故こういったルアーを作ろうと思ったのか…。最初のキッカケはなんだったのか…。正直言ってハッキリ覚えてません。

 

昔はいわゆる普通のルアー、カツラの木やバルサ等を使って、色を塗るルアーを作ってたんですけどねぇ。

 

寄せ木職人として修行をしたことなんてありませんので、「寄せ木ルアー」なんて言ったら本当の寄せ木職人に叱られそうです。

 

このルアーを作り始めて、早いもので10年くらいになります。試行錯誤の連続でしたし、今でも失敗を繰り返しています。

 

木を加工する際に、真っ直ぐなところは真っ直ぐに加工する。直角のところは直角に加工する。これが一番難しい。

 

人間の目ってすごいですね。特別な修行をしたことがない人でも0.5ミリの隙間って識別してしまうんですよ。

 

本当にピッタリと木材同士が合わさっていないと、カッコ悪い。苦労してます。

 

ヒノキ、パドック、ゼブラウッド、トチ、スギ、イエローハート、マホガニー、等々、いろんな木を隙間なく貼り合わせて作るのですが、それぞれの木の特長もあるので、真っ直ぐに切るだけでも苦労します。

 

どうせ作るならカッコ良く作りたいですからね。

 

上手く貼り合わせが出来ても、今度は削りが大変です。硬い木、柔らかい木では力の入れ加減で削れ方が違います。削りきれなかったり、食い込んでしまったり…。

 

Fcubeのルアーのポリシーとして、「旋盤では作れない形のもの」というものがあって、全てひとつひとつ削り出しています。

 

おそらく数個のルアーを見比べると「アレ⁈コレとコレ、違わない?」というものがあると思います。

 

見逃してください(笑)

 

ちょっと普通のルアーと違った苦労をして作り上げたFcubeのルアー。

 

日々進化を繰り返しながら、ゆっくりと進んでいます。

 

コーティングでもまた普通のルアーとは違う苦労があるのですが、それはまたの機会にでも。

 

 

寄せ木ルアーの苦労話

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします