ヴィンテージのリバーシブルT-shirtをボディに使用したシルクスクリーンT-shirt

Russell Athletic社が1970年代後半~1980年前半に製造していた通称"金タグ"のリバーシブルTeeをボディに使用したシルクスクリーンT-shirtです。前後のプリントは熊本市内の専用スタジオにて手刷りでプリントを施しています。オンリーワンな一着が完成しました!

by DARGO

View

425

値段

¥ 8,100

在庫数

0

【ヴィンテージのリバーシブルT-shirtをボディに使用したシルクスクリーンT-shirt】

編集日時: 2018/08/06 16:11

 

いつも熊本発インディーズT-shirtブランド【DARGO】のブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 
さて、先日リリースされたコチラはすでにチェックしていただけましたでしょうか?
 
 
【LOST AND FOUND】by DARGO
"HAVE A HAPPY DAY" Reversible T-shirt
MADE IN USA, 70s~80s Vintage wear.
color:ORANGE × BLACK
size:LARGE(M程度), X-LARGE(L程度) SOLD!!
price:7500yen + TAX
ONLINE STORE (CLICK!!)
 
 


 
 
 
 
 




ご覧の通り、今では珍しいリバーシブタイプ。
起源を辿ると元々はアメリカ海軍が紅白戦をするときにAチーム・Bチームを瞬時に分けれるようにこういったT-shirtが開発されました。


あくまでも個人的な推測ですが、この黒×オレンジはカレッジ(大学)のためにつくられたと予想します。海軍だとネイビー×イエローが主流ですから。


リバTeeの起源はアメリカ海軍ですが、その後は大学のアスレチックウェアとしても活躍していました。


カラーリングも黒×オレンジなのでプリンストン大学?とか、そのへんのために製作して余ったのかなと。。ちなみに僕がGETしたときはデッドストック状態でした。
 
 
 
 
 
 
Russell Athletic社の金タグ時代のリバTee。
しかも黒×オレンジの好配色。それだけでも十分なのに…
 
 
シルクスクリーンを使い、ぴったりなデザインを手刷りでプリントしました。
 



【フロント】




【バック】インサイドアウト(inside-out / 裏返し)仕様!




古着ではインサイドアウト仕様のプリントって、たま~に見かけます。
"裏返し" という意味なのですが、こんなふうに前後がちゃんと逆になっているんです(笑)
 
 
 
 
 



古着らしいというか、アメリカというお国柄のユーモアな発想が可愛くてたまりませんよね。アメカジマインドに沿って製作をしているウチもそこはリスペクトを込めて…。
 
 
 

今回のアイテムもインサイドアウト仕様に。
HAPPYとBADは紙一重。ですよね?
 


【STYLE】171cm / 59kg LARGE(M程度着用)
 
 
 
ブラック渋いっすね…。
ほんと好配色すぎる。お世辞抜きでカッコいいです。
写真では見えにくいですが、首元だけオレンジに切り返されてるのもイカしてます。




それで気付いたら残りがラスト1、LARGEのみ。
デッドストック状態のものをこちらでワンウォッシュをかけ、乾燥機にかけているため縮んでおります。実寸Mサイズ程度になりました。



ぬるま湯、もしくはご自宅でのお洗濯の際、脱水状態のときに伸ばしたい生地部分をグッと手で直接伸ばすと1~2cmくらいは伸びてくれますので、もし試着して小さい場合はお試しください。



僕(171㎝)ぐらいまでの小柄な男性、もしくは女性の方でしたらピッタリなサイズなので、ぜひ袖を通してみてください。



他を探してもこんなんありませんよ~。モノもプロセスも。






【LOST AND FOUND】by DARGO
"HAVE A HAPPY DAY" Reversible T-shirt
MADE IN USA, 70s~80s Vintage wear.
color:ORANGE × BLACK
size:LARGE(M程度), X-LARGE(L程度) SOLD!!
price:7500yen + TAX
ONLINE STORE (CLICK!!)



宜しくお願いします!

 

【ヴィンテージのリバーシブルT-shirtをボディに使用したシルクスクリーンT-shirt】

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします