vintage & usedのスウェットやTシャツにオリジナルプリントを施したリメイクブランド

【LOST AND FOUND】by DARGO アメリカ国内でも近年枯渇しているvintage & used American wearをボディベースに、シルクスクリーン版を使い、DARGOオリジナルデザインを手刷りでプリントしています。 オンリーワンな1点モノの価値がコーディネートをより楽しませてくれます。

by DARGO

View

3.7K

値段

¥ 6,480

在庫数

0

【LOST AND FOUND by DARGO】スタートします

編集日時: 2016/01/15 16:22
こんにちは、DARGOです。


今日も寒いですね~。
昨日、TVニュースをチラっと見たのですが今日から1月下旬まで関東より西は寒波が続くそうです。
例年以上に遅い寒波の訪れと、気候のバランスが崩れると様々なお仕事にも影響が出そうですね。
う~ん、頑張っていきましょう!




さて、DARGO JAPANでは新しいラインナップLOST AND FOUNDをスタートしました。




【LOST AND FOUND/ロスト アンド ファウンド】はvintage & usedのスウェットやTシャツをボディに使用し、そこにDARGOオリジナルデザインをマルチプリントしたDARGO JAPANの新しいラインナップです。


もちろんプリントはウッド枠シルクスクリーン版を使い、vintageさながらの水性インクを使用したプリントです。





なぜ今、シルエットも現代的では無い古着をボディベースに使用するのか。


僕(Narimatsu)は現在26歳です。
10年前、15歳の中3だったころ、街は空前の古着ブームでした。


火付け役は芸能人やファッション誌と様々ですが、古着が持つ「メッセージ性のあるプリント」や「ディティールやデザインを通して学ぶカルチャー」の虜になった若い世代は古着を着ることがステータスになり、そして古着屋さんは街の窓として存在していました。


特に流行に敏感な県民が多い熊本では、全国的に見ても古着が盛んな地域で、一つのショップを目当てに県外から訪れる観光客も多かったと聞きます。


僕も高校生のときはバイト代すべてはたいて洋服を買ったりしていました。


スタイルに「個性」として1点モノの古着を取り入れることがステータスのように感じて、これが人と違うという「価値観」を感じれる手段だったんですね。


しかし現在はブームも終息し、業界の中でも「古着」というかつてのような大きな流れはありません。
過去10年のあいだにファッション業界は不振に陥り、お店やファッション誌は軒並み廃止。


以前と比べ、数えれるほどに減った発信地から、限られた情報だけが蔓延してしまっているので街に出かけても似たよ~なスタイルを物凄く多く見かけるように感じます。(雑誌から出てきたようなシテ〇ボーイ系)




USA, California






時を経て、現代にやってきた古着。
ユーモラスでクール、そしてオンリーワンな価値をあらためて世の中に発信したい。


そう思い、DARGO JAPANでは古着をベースにマルチプリントを施した【LOST AND FOUND】をスタートすることにしました。
古着も細かく分けるとアメリカ古着・ヨーロッパ古着などいくつかのジャンルに分類分けできますが、DARGO JAPANはアメカジの原点でもある「アメリカ古着」をメインに展開していきます。


そして街に出かけても「似たようなスタイル多いな~」と思っていたので、じゃあ自分が発信せな!と思い立ち、昨年11月アメリカへ買付に行ってきました。



























現状、アメリカ国内でも価値あるアメリカ古着はグッと激減しています。
スリフトストアを1日8~9件、のべ7日間回りましたが予想以上に枯渇しています。
たとえば、古着の王道であるchampion社のリバースウィーブスウェットはひとつも見つかりませんでした。(アメリカは広いので出会う確率は地域も関係しますが…)


フリマに行ってようやく80~90年代のモノが出回っているような状況です。
今回もフリマでようやくマシな状態のものを1点買い付けることができました。











 








































そもそも古着の醍醐味である、


「このブランドの、この年代のタグはこういうデザインで、ディティールはこうだ!」


というウンチク的情報をいち早く解明したのはアメリカの文化やプロダクトに憧れた日本人で、それをお店や雑誌で発信したことが古着ブームの始まりと言われています。


しかし近年は現地アメリカの人たちも自分たちが作ってきた服の価値に気付き、ただの古い服だったものを「ファッションアイテム」として扱うようになりました。
また、タイやマレーシアをはじめとするアジア諸国でもヴィンテージブームが発生し、買い付けの背景として競争は激しくなっています。






大好きなアメリカ古着がなくなる前に、その魅力をまだ知らない方、そして一度離れてしまった方へ発信していきたい。





この純粋な想いだけでプロジェクトをスタートしました。
自由の国アメリカの空気感をたっぷり含んだプロダクトにシルクスクリーンプリントという新しい価値を加える。


1点モノの面白味が皆さんのスタイルの幅を広げ、カッコよく表現してくれると思います。


DARGOLOST AND FOUND by DARGO


インディーズブランドとして2つのプロジェクトをバランス良く、そしてマイペースに発信していきますね。





そんなわけで、【LOST AND FOUND】スタートします。


どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m





Narimatsu
-------------------------------------------------------
【DARGO CLOTHING STORE】
Original Silik Screen T-shirt Brand
STANDARD & CORE
Claft With Pride, All For You !!
 
e-mail:dargo.japan@dargo2014.com
【LOST AND FOUND by DARGO】スタートします

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします