ひとつとして同じものがないケシパールのピアス

そのままが美しい。まるで花びらのような形をしたケシパールは、自然のなかで偶然が重なってできた美しい天然真珠。そのため、同じものがひとつとしてありません。シンプルですが、とても魅力的なオンリーワンピアスをあなたらしく自由に愉しんでいただけたら嬉しいです。

by 868stones

View

317

値段

¥ 6,800

在庫数

1

ひとつとして同じものがないケシパールのピアス

編集日時: 2018/01/12 19:11

そのままでいい。
見た瞬間、そう感じたのがケシパールでした。



通常、真珠をつくる際には、養殖の際に丸い核を入れて形をつくります。この核のまわりに真珠層が形成されることによって丸い形や一定の大きさになります。ところが、ケシパールはこの核がありません。真珠をつくる際に、貝のなかに偶然入り込んだ砂や砂利などを核として真珠層が形成された無核の天然真珠がケシパールで、自然の中で偶然にできた産物なんです。

ケシパールができるためには、このような偶然の重なりが必要です。そのため、数多く出回っておらず、希少なのでお値段も高くなってしまいます。遥か昔のヨーロッパでは、ダイヤモンドより高価なものとしていろいろな装飾品に使われていたそうです。

自然のなかで、偶然が重なって、花びらのような形になったケシパール。触れているとなんだか癒されます。
実際にケシパールにはリラックス効果があると言われているそうです。

ひとつとして同じものがないケシパール。できるかぎり、手を加えずにそのままの美しさを大切にしました。
いいモノが分かる大人の女性のためのピアスです。

シンプルだけど、とても魅力的なオンリーワンピアスをあなたらしく自由に愉しんでいただけたら嬉しいです。

ひとつとして同じものがないケシパールのピアス

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします