「うつくしい」ことばを身にまとう年にしませんか?

1年の始まりはいつも「今年はどんな1年にしようかな」と考えますよね。今年は「うつくしいことば」を身にまとう年にしてみませんか?自分の発することばもそうですし、文字通り「うつくしい」ということばをアクセサリーとして見つけるのも素敵です。

by 70seeds STORE

View

531

値段

在庫数

「うつくしい」ことばを身にまとう年にしませんか?

編集日時: 2018/01/12 17:14

こんにちは!70Seeds STOREのウィルソンです。

 

みなさんは今年はどんな1年にしたいですか?

今年の目標はもう決めましたか?

 

私はいつも目標を立てようと思いつつ、気がつくと季節が過ぎていってしまいます。

そんな私でも、このアクセサリーを身につければ忘れずにいられるかもしれません。

今回は日本の素敵な言葉をまとえる「Hiragana」というアクセサリーをご紹介します。

 

 

 

日本特有の文字「ひらがな」をモチーフにしたアクセサリー。

作り手の書道家・國廣沙織さんの、「ひらがな」の曲線のうつくしさを伝えたい、

日本の伝統を残していきたいという想いからつくられました。

 

打ち込めることがなかった会社員時代を乗り越え、海外に飛び出した國廣さん。

得意だった書道で、海外の人の名前を書いてあげたときの達成感から

改めて、日本文化のうつくしさを感じたそうです。

 

 

 

日本の文化を世界に発信したい。

でも「侍」や「漢」みたいな日本人は身に着けない言葉ではなく

「日本人も身につけたくなるような、良い意味のある言葉」を身に着けてもらいたい。

そうして生まれたのが、この『Hiragana』のピアスです。

 

「うつくしい」という言葉、最近ではあまり使わないかもしれませんが

身につけているだけで、心に留められるような気がします。

思いのつまったHiraganaピアスは片耳の販売。

ふと顔の横で揺れる言葉から、会話が始まることもあるかもしれませんね。

 

「実は書道家の人が書いた文字でね…」

「背景にはこんなストーリーがあって…」と話せるものを身につける。

それだけでも、なんだか素敵な買い物ができていると感じられると思います。

 

 

見た目のうつくしさを追求するのもいいですし、中身のうつくしさも大事です。

「うつくしい心を忘れないように」「うつくしい言葉遣いでいよう」 

一言で「うつくしい」といっても、その解釈によって多くの人に贈りたい言葉だと思います。

 

1年の始まり。

自分や、大切な人へ、新年の贈り物にいかがですか?


 

「うつくしい」ことばを身にまとう年にしませんか?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします