もうすぐ春、“本物の絵画”をお部屋に

才能溢れる作家が描いた赤い帽子のミューズ

by 夢福堂

View

63

値段

¥ 49,500

在庫数

1

もうすぐ春、“本物の絵画”をお部屋に

編集日時: 2021/02/27 14:21

才能溢れる作家が描く“絵画”には色んな想いが込められています

“絵画”というと敷居の高いイメージがありますが、

こちらの織田広喜が描く『少女』は比較的お求めやすい価格の作品となっております。

抽象的に描かれた女性画、この作風は好き嫌いが分かれるかもしれません。

織田広喜は「きれいに描くと人形のよう」と、自身の思う女性を描き続けました。

そのこだわりが詰まった『少女』は、見れば見るほど魅了されます。



最愛の妻の面影を作品に込めて

織田広喜は『少女』という画題の女性を数多く描いてきました。

織田は32歳の時に、萬宮リラという女性と運命の出会いを果たし5年後に結婚します。

織田の両親に結婚のあいさつをした時、リラは赤い帽子をかぶっていました。

自身も二科展で賞を受賞するほどの才能がありながら、結婚後は織田を支え続けたリラ。

そのリラが病に倒れた時、今度は織田がそばでリラに寄り添い続けました。

織田は、最愛の妻リラの面影を『少女』という作品に込めているかのようです。


初めての“絵画”は愛の詰まった織田広喜の作品を

こちらの『少女』も赤い帽子をかぶり、まっすぐ前を見つめ

微笑んでいるような、少し悲しそうな表情にも見えます。

数ある『少女』シリーズでも様々な表情があります。

こちらの作品を、最初の『少女』としていかがでしょうか。

もうすぐ春、“本物の絵画”をお部屋に

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします