口溶けのやさしさ♡滑らかなお豆腐と豆乳をふんだんに使った「三原豆腐店」の生チョコ

好き嫌いはありません、と公言する私。でも、実は、豆類全般が苦手で、納豆、お豆腐、アーモンドにナッツも苦手。少し前まで実は「抹茶」もダメでした。そんな私が「抹茶」に抵抗がなくなったのは、京都の抹茶の生チョコを食べてから。もしかして、「豆」も生チョコになっていたら抵抗がなくなるのかもしれない……!そんな今回は、私の苦手克服に希望の光を当ててくれる「三原豆腐店」の生チョコをご紹介したいと思います!

by BASE Mag. 公式

口溶けのやさしさ♡滑らかなお豆腐と豆乳をふんだんに使った「三原豆腐店」の生チョコ

編集日時: 2016/11/18 19:42

「(食べ物の)好き嫌いある?」家族以外にそう聞かれるといつも笑顔で「ないです!」と答える私。でも、実は、ひとつだけ苦手なものが……。それは「豆」。豆と言ってもざっくりとしていて何が苦手なの?と思われるかもしれませんが、豆類全般が苦手で、加工食品である納豆、お豆腐、豆に含めていいのか定かではありませんが、アーモンドやナッツも苦手です。

 

もちろん、家族以外の前では平気な顔をして食べますし、小学生時代の給食でポークビーンズという大豆を柔らかく煮て、ミートソースで味付けしたメニューが出てきたときも、本当は大嫌いなメニューでしたが、同級生の前では平気な顔をして食べていました。

そのくらい「豆」が苦手です。

 

でも、少し前までは「抹茶」も実は苦手でした。この世の中、抹茶好きの多いこと多いこと。

平気な顔をして口にするものの「あぁ、早く飲み物で口の中を清算したい……!」と思っていました。笑

そんな私が、今では全くと言っていいほど「抹茶」に抵抗がなくなったのは、兄が京都に住むようになってから。

帰省時にお土産に買ってきてくれた京都の抹茶の生チョコが物凄く美味しくて、それから全く抹茶に抵抗がなくなりました。

 

もしかして、「豆」も一度、生チョコとして食べてみたら抵抗がなくなるのかもしれない……!

前置きが長くなってしまいましたが、今回、ご紹介するのは私の苦手克服に希望の光を当ててくれる「三原豆腐店」のお豆腐と豆乳でできた生チョコです!

 

豆腐生チョコ BASIC

 

お豆腐と豆乳をふんだんに使った、お豆腐本来の滑らかな舌触りと、すっきりとした後味の生チョコレート。

チョコと同じ量のお豆腐と使用しているので、本来の生チョコよりカロリーも糖質も約二分の一というダイエット中の私には苦手克服とダイエットという一石二鳥でとっても嬉しい作り♡

 

お豆腐屋さんのお豆腐と豆乳を使用しているのもポイントのひとつ!

素材にこだわった「豆」から出来たお豆腐、そのお豆腐から出来た生チョコは美味しくないわけありませんよね!

 

ここのところ、健康のためにダイエットをはじめたばかりで、甘いものを一切口にしていないので、自分へのクリスマスプレゼントに「三原豆腐店」の「豆腐生チョコ」は、家族でも楽しめてぴったり♪

 

製造、包装、梱包、すべて手作業で、この生チョコを作っている「三原豆腐店」さん。

期間限定でショップでの販売がいつまで行われるかわかりません!ぜひこの機会に私といっしょにお豆腐で出来た生チョコ、挑戦してみませんか?

 

――

三原豆腐店 Online Shop
http://miharatofu.thebase.in/

 

 

口溶けのやさしさ♡滑らかなお豆腐と豆乳をふんだんに使った「三原豆腐店」の生チョコ

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします