おうち時間の過ごし方!インドのカラフル陶器ビーズでアクセサリー作り

カラフルな色合いが可愛いブルーポッタリー(青の陶器)のビーズは、インドの伝統工芸品。色も豊富で、アジアらしい鮮やかな色合いのビーズは、身に付けているとインドのパワーをもらえる気がします。

by nick nack(ニックナック)|アジアの手仕事雑貨専門店

View

372

値段

¥ 500

在庫数

4

おうち時間の過ごし方!インドのカラフル陶器ビーズでアクセサリー作り

編集日時: 2021/02/15 00:26

 

なますて。

nick nack(ニックナック)店主のNahoです ^^

 

近頃は、お休みの日にお家で過ごされる方も多いのではないでしょうか?

自粛期間中にハンドメイドを始められたという方も。

はじめは難しそうに感じますが、自分の好きをいっぱい詰め込んだアクセサリーをつくるのって、案外はまってしまうものです♪

 

今回は、nick nack(ニックナック)で販売しているインドのカラフルな陶器ビーズをご紹介!

 

 

▼ インドの陶器ビーズについて

 

実はこのビーズ達、インド・ジャイプールの伝統工芸品のブルーポッタリーのビーズなんです!

ブルーポッタリーを直訳すると青の陶器、深みのある青いカラーと手描きの模様が特徴的な焼き物です。

その原料は、なんと90%以上が水晶。ブルーポッタリーは別名「水晶の焼き物」とも言われています。

 

 

まず水晶の結晶をグラインダーで細かく粉末上に砕き、そこに水などを加えて粘土状に。

粘土状になったものを、順番にビーズの形に丸めていきます。

さらに色の調合から模様付けまで、機械は使わず手仕事で。

ひとつひとつ丁寧に、職人たちが仕上げていきます。

 

ブルーポッタリーのビーズは、どれも世界で1つだけ。

同じデザインでも、それぞれ模様や形が微妙に違いがあります。

それは機械を使わず、完成までの全ての工程を手仕事で行うからこそ。

ブルーポッタリーのビーズのどこか素朴であたたかい印象は、手仕事でつくるからこそ生み出されるのかもしれません。

 

 

 

▼ ビーズの種類と使い方

 

ビーズのサイズは、小・中・大と3種類。

 

 
 

 

個性的なビーズは、世界で1つだけのアクセサリー作りにぴったりです!

ネックレスやブレスレット、ピアスづくりにも。

色・模様の種類も豊富なので、ますますハンドメイド活動が楽しくなりそうですね♪

 

 

 

 

▼ nick nack(ニックナック)について

 

nick nack(ニックナック)は、「アジアの手仕事専門店」です。

長い歴史の中で受け継がれてきた伝統工芸品やアジアの手仕事雑貨、カラフルで元気がもらえるハンドメイド素材を通して、「手作りする楽しさ」や「手仕事雑貨のぬくもり」をお伝えできるお店をめざしています。

 

皆さんの暮らしに、少しのワクワクをお届けできたら幸いです。

 

 

Online Shop:nick nack(ニックナック)|アジアの手仕事専門店

Instagram:@nicknack_zakka

Facebook:@nicknackzakka

Twitter:@nicknack_zakka

 

おうち時間の過ごし方!インドのカラフル陶器ビーズでアクセサリー作り

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします